忍者ブログ
他人から見たらアブノーマルらしい私がただ日常を書くだけのブログ
どうも、最近暑くなってきて死にそうです

Live2Dを愛してやまない私なのですが、Live2Dさんが
Live2D Cubism 3 使ってみようキャンペーン開催!っていうのを開催してまして
自分もモデルを作る以外に少しだけコツみたいなのをメモしておこうと思いました
少しでもLive2Dが盛り上がってくれればと思い記事を書いております
こうみえて過去に4つの素材作りとモデリングした腕前です!

結構モデリングで挫折する人もいるみたいですねー
大丈夫です!そんな難しいことはこのソフトやりません!
ぜひ素材を作るときのお手伝いになれば幸いです


今回、自分が作ったモデルのキャラはこいつ

佐川ロホ(25) 一応女性
血が好きな情報屋って設定でなかなかのキチガイです
身体的な特徴としては

・スレンダーで貧乳、肩幅はある
・まつ毛がすごく長い 細長い目
・赤いメッシュが入ったロングの白髪 三つ編みの編み込みもある
・ギザ歯(鋭い歯)でスプリットタン(先が二つに分かれている舌)
表情豊かで顔芸もすごい

去年、アルバーちゃんで顔芸に挑戦しましたが
佐川さんはそれ以上に表情筋が鍛えられてます

可愛くない容赦ない顔芸をさせたいってコンセプトで生まれたキャラです
さあ、Live2Dは何処まで顔を崩せるか…挑戦!



①素材作り(下塗りまで)

ごめんなさいちょっと塗っちゃいました!!!
この記事書いている現在では下塗り終わって色塗りに入っちゃってます…
あと、ブログの画像はクリックで大きくなるんで見にくかったら拡大してください

今回使ったソフトはClip Studio Paint PROです
クリスタには対称定規という左右対称に描ける定規が入っています
メディバンペイントにも同じ機能があるそうですね
正面絵を描くときに楽ができるツールです

メニューバーから [表示]>[グリッド]を選択してグリッドを表示します
そしたらまた[表示]>[グリッド・ルーラーの設定]でグリッドの設定をします

原点は中央で間隔は広くします いつも1000pxの4~3分割数ぐらいにしてます
これでキャンパスの真ん中が分かったので対称定規を引きます

人によってはカスタムしていてないかもしれませんが、
サブツール[図形]から定規一覧を選択して対象定規を選びます
(見当たらない人は各自ググってください 多分出てきます)

キャンパスを拡大して真ん中にカーソルを合わせていったん左ボタンをクリック
クリックしたままShiftキーを押しながら真上か真下にドラッグして離してください

対称定規が真ん中で引けるはずです!

もし、定規が置けたけど左右対称にならない!って人は
メニューバーの[表示]>[特殊定規にスナップ]にチェックが入っているか確認してください
入っていなかったら入れればスナップしてくれると思います


さあ、ここまで出来たらあとはガツガツキャラを描いていくだけです
ただし!普通のイラストと違って隠れる部分も描きます
どういうことかと言えば…
 
このパーツ、なんだと思いますか? 正解は後ろ髪です

この辺は他の人の講座とかサンプルのpsdファイルを見て研究したりしてください
サンプルモデルの「こはる はると」や「ユニティちゃん」にはpsdファイル入ってます

私が言えるコツは「前後の関係にあるものは全部分けろ」ですね

このぬいぐるみみたいな首から下げてる「首つりくん」
8つのパーツに分けられています
こうやって分けるとより立体的に動いて見せることができます
他にもYシャツの襟とそれ以外で分かれていますし
鞄(ショルダーバッグ)の肩紐も前後で分けています
とにかく分けられるだけ分けてみてください きっと綺麗に動きますよ

あとは、対称定規を使っていますが、髪の毛は対称定規を使わないで描いています
すべてを対称定規で描いてしまうと少し違和感が出てきてしまいます
なので、少しだけ左右対称じゃない場所を作って違和感を逃がしてあげます


次の記事ではいよいよ塗りです
影を書き足してハイライトを入れて"自分の絵"を存分に発揮します
その2はこちら
PR
久々のブログ更新

コミティアあったんですが、新刊作るのでいっぱいいっぱいで
こっちに告知するの忘れてましたww
Twitterで頻繁につぶやいてるんでフォロミーです!

コミティアの新刊でウジ虫擬人化本を出しましたが、
結構手に取ってくれる方が多かったですね
今後も個性と性癖の塊みたいな本を出して行きたいです


あと、最近「raytrektab DG-D08IWP」を購入しました
…まぁ、父と共有するんで買ってもらったって言うのが正しいですが
私は外でお絵かきとか家で寝っ転がりながらネームや構図を練りたくて
お父さんはパワポのプレゼン等に使いたいって用途です

最初はSurfaceを検討していたのですが、大きくて少し重いのがネックでした
Surface Penも電池内蔵なんでちょっと重たいんですよね
ぶっちゃけ製図用シャーペンより少し重くて重すぎた印象です
店頭でマイクロソフトの方に説明を受けたんですが、
Surface Bookは絵を描く(仕上げまで)するのには最適だと思います
一番いいのは熱がほとんど出ないところですね これ結構デカい
しかし高い!!そして少し重い!! そんなんで悩んでいました

しかしraytrek tab君はすごいです
wacomのスペシャル技術のおかげでペンに電池が入っていなくて軽いです
なのに4069快調の筆圧で滑らかに描けます
大きさも8インチでちょっと小さいかなーってぐらいで落書き程度なら気になりません
重さも普通のタブレットぐらいですね ホント鞄に入れるのにちょうどいいです

でも、バッテリー容量が少ない!4時間しか持たないらしい!!
あと熱がこもっちゃいますね~ いつの間にか熱くなっちゃってること多いです
メモリも4Gとちょっと心もとない 清書して塗りまで行くと厳しいかなー
まぁ、それ以降はPCでやるのが一番です
Clip Studioのクラウド機能を使って同期させています


ネームに関してはone noteで描いています 微妙に筆圧が付いてます
(ネームが汚いのはいつものことなんで見逃してください)
今までネームまではアナログで書いてたんですが、
デジタルにすることで色分けができたり図形で綺麗に線が引けるんで便利です
なによりone noteはフリーハンドの線を自動で図形にしてくれるのが便利です
丸を引けば綺麗な楕円にしてくれますし、四角で囲めば四角く清書してくれます
これ…ネームに最適すぎませんかね!? しかも筆圧が付いてなめらか
ただ、これもクラウド同期なんで電波のいい場所でやらないと…
データ消えます…消えました…特にこいつはwifiで繋ぐもんでね…うん…
そこだけ気を付ければかなり快適に作業できますよ~

ってことで、お絵かきタブレットはいいぞ
最近の作業のお供にセラムンクリスタルを流しています 今3期に入ったところです
セーラームーンかわいいー!!プリキュアと違った可愛さじゃー!!!

…で、その作業というのがですね

じゃんっ!
ついに手を出してしまった(ほぼ)8等身モデリング
腕長!足長長!スレンダー!!
いつも通りBlenderでポチポチと あと、お世話になった本
https://www.amazon.co.jp/dp/4800711150?tag=hyounebs-22&camp=1027&creative=7407&linkCode=as4&creativeASIN=4800711150&adid=1GVJENV9WYH06H2F247D&
ぶっちゃけ、この本より難しいことやってしまってますが、
使い方とか作り方はこっから教わりました ありがたや~

今回はしっかりリギング…といってもウェイトまでですがやっています
モデリングに2週間、リギングに半月かかったんですが、
早いのか遅いのかわからない…初めてなので多分遅いです
筋肉バリバリ動かしたかったんですが、ある程度で妥協しちゃいました
肩回りと股関節とかマジ鬼畜ですわぁ……
頂点2万点ってことでそこそこボリュームありますね

これをどうするかって言えば…!

ニキニンッ
クリスタに持ってきて3Dデッサン人形にするのじゃよ
ただ、ポーズをつけると手のウェイトがすごいことになってギザギザします
前から思ってたんですよこの謎現象 なんなんでしょうね
クリップさん最近3DCGも少しづつアプデしてるんで今後にも期待です

ポーズをつけるのが楽になったとはいえ、操作に苦戦しています
いつもデザインドールを使ってポーズチェックしてますが、
そっちの操作に慣れてクリスタの方は全然…慣れるよう頑張ります
<< NEW     1 2 3 4 5 6 7     OLD >>
プロフィール
HN:
氷音 ( ヒョウネ )
性別:
女性
自己紹介:
アニメ・漫画・特撮・映画・ゲームが大好きです いわゆるオタクです

HP   :

twitter :@hyoune_bs
      @hyoune_ds
pixiv  :氷音
最新コメント
[12/21 みそぽん]
[04/08 藤本]
[10/16 みそぽん]
[06/05 みそぽん]
[04/22 みそぽん]
PR



忍者ブログ [PR]
 Template:Stars